共同通信杯の血統傾向、分析。トニービンの血が3勝5連対。

こんにちは!

◆オジュウチョウサンは阪神スプリングジャンプから天皇賞・春へ。

headlines.yahoo.co.jp

 

オジュウチョウサン

始動戦の阪神スプリングジャンプから、天皇賞春を目標にローテーションを組んでいる

ことを、管理する和田正調教師が明らかにしました。

和田調教師

「だいぶ回復しました。キャンターで乗る距離を3200メートルに延ばしていますが、問題ないです」

とのこと。

天皇賞春への出走が賞金的に難しい場合は、予定通り中山グランドジャンプに向かうようです。

 

オジュウチョウサンがまたひとつ、

楽しみな話題を提供してくれました。

天皇賞春は例年はスピード要素も必要な部分がありますが、

最近の京都の馬場傾向などを見ると、

これはチャンスあるかもしれませんね。

賞金面での課題はあるとのことですが、是非出走へ進んでほしいなぁと思います。

 

天皇賞春は、この5年間で3回はフルゲートに達していません。

もし今年もそうならば、出れるのかな。

変な期待の仕方になるけど、そういうパターンでも良いから出て欲しい。

今年のメンバーは、

シュヴァルグラン、キセキ、フィエールマン、エタリオウ、クリンチャー、シャケトラ、タイムフライヤー

こんな感じのメンバー構成でしょうか。

充分チャンスがあるのでは。

楽しみにしたいと思います。

 

今週は日曜日に、3歳牡馬の重賞、共同通信杯。

スワーヴリチャード、ディーマジェスティ、リアルスティール、ドゥラメンテ、イスラボニータなど、

ここからクラシック馬が数々誕生しているレース。

春を占う意味でもとても重要なレースだと思います。

 

共同通信杯(過去5年)

2018 良 1:47.4 35.7-34.8 -5
6 オウケンムーン オウケンブルースリ(Grey) エリシオ(ND)
1 サトノソルタス ディープインパクト Petionville(Mr)
4 エイムアンドエンド エイシンフラッシュ(King) SS
2017 良 1:47.5 36.0-34.7 -7
1 スワーヴリチャード ハーツクライ Unbridled's Song(Mr)
8 エトルディーニュ エイシンサンディ オペラハウス(Sad)
4 ムーヴザワールド ディープインパクト Sadler's Wells
2016 稍 1:47.4 35.8-35.6 0
4 ディーマジェスティ ディープインパクト ブライアンズタイム(Rob)
9 イモータル マンハッタンカフェ Acatenango
6 メートルダール ゼンノロブロイ Silver Hawk(Rob)
2015 良 1:47.1 35.2-34.5 -2
1 リアルスティール ディープインパクト Storm Cat
8 ドゥラメンテ キングカメハメハ SS
10 アンビシャス ディープインパクト エルコンドルパサー(King)
2014 良 1:48.1 36.7-33.4 -3
7 イスラボニータ フジキセキ Cozzene(Grey)
2 ベルキャニオン ディープインパクト フレンチデピュティ
5 サトノアラジン ディープインパクト Storm Cat

 

先ずは、血統傾向を見ていきたいと思います。

 

過去5年で馬券になった馬15頭の内14頭は

父か母父がSS系の馬です。

そして、12頭が父SS系の馬

過去10年で見ても23頭がそうですから、やはりここから考えたいでしょうか。

中でもディープインパクトが好調で、

この5年で7頭の馬が馬券になっています。

今年は、

ゲバラ、ダノンキングリー、ナイママ

がディープインパクト系の馬です。

 

次に目につくのは

キングマンボの系統でしょうか。

過去5年で3頭が馬券になっています。

今年は、

クラージュゲリエ、マードレヴォイス

の2頭がキングマンボ系。

 

細かく見ていくと、

過去5年で馬券になった馬15頭の内10頭が

ミスプロも血を持つ馬でした。

馬券内に2頭は来る計算。

今年でみると、

ゲバラ、ダノンキングリーはミスプロの血を持っておりません。

 

それから、

トニービンの血が良さそうです。

過去5年で見て、

2018年1着オウケンムーン

2017年1着スワーヴリチャード

2014年1着イスラボニータ

の他

2017年2着エトルディーニュ

2015年2着ドゥラメンテ

などトニービンの血を持つ馬が3勝5連対しています。

今年は、

ナイママ、マードレヴォイス

の2頭がトニービンの血を持つ馬で。

 

あとは、

穴っぽい所だとリボーの血が面白そうです。

この10年で6番人気以下で馬券になった馬が7頭おりますが、

その中の4頭がリボーの血を持っていました。

今年はと思いましたが、該当馬は無し。

来年以降でまた、気にしてみたいと思います。

 

こうして見てみると、

ディープインパクト系×トニービン系でミスプロの血を持つナイママ

SS×キングマンボ系でトニービンの血を持つマードレヴォイス

このあたりは、

血統傾向からは面白そうな馬だと思います!