京都金杯の血統傾向、分析。ネバーベントの血を持つ馬が好調。

こんにちは!

今週は土曜日に京都金杯があります。

京都金杯の出馬表を眺めていて思ったのは、

外国人ジョッキーの名前が無いこと。。

日本の競馬なのだから当然といえば当然なのですが、

なにか新鮮な気分になりました。

同時に、これはポイントになるなぁとも。

しっかり考えていきたいと思います。

 

京都金杯の出馬予定

headlines.yahoo.co.jp

 

京都金杯(過去5年)

2018 良 1:34.3 34.2-35.1 -7
9 ブラックムーン 6 57 アドマイヤムーン ジェネラス(Nijin)
13 クルーガー 6 57.5 キングカメハメハ ディクタット(InR)
7 レッドアンシェル 4 56 マンハッタンカフェ Storm Cat
2017 良 1:32.8 33.9-35.2 -6
6 エアスピネル 4 56.5 キングカメハメハ SS
1 ブラックスピネル 4 55 タニノギムレット アグネスデジタル
5 フィエロ 8 57.5 ディープインパクト デインヒル(Dan)
2016 良 1:33.0 34.6-34.6 -9
7 ウインプリメーラ 6 53 ステイゴールド フォーティナイナー
14 テイエムタイホー 7 57 ニューイングランド Lord at War(Pha)
6 ミッキーラブソング 5 54 キングカメハメハ フジキセキ
2015 良 1:32.8 35.6-34.0 -10
4 ウインフルブルーム 4 55 スペシャルウィーク サクラユタカオー
1 エキストラエンド 6 57 ディープインパクト Garde Royale(Mill)
2 マイネルメリエンダ 4 54 チーフベアハート(Dan) スペシャルウィーク
2014 良 1:32.5 34.7-34.4 -10
2 エキストラエンド 5 55 ディープインパクト Garde Royale(Mill)
6 オースミナイン 4 54 ディープインパクト NT
10 ガルボ 7 58 マンハッタンカフェ ジェネラス(Nijin)

 

先ずは京都金杯の血統傾向を見てみます。

 

SS系の馬が12頭と目立っていて、

中でもディープインパクトが5頭と目立ちます。

今年のディープインパクトは

カツジ、サラキア、リライアブルエースの3頭。

人気の2頭が該当しています。

 

それから、

スタミナ系のNDが5頭で、こちらも良さそうです。

内4頭がSS系との掛け合わせ。

今年は、

アサクサゲンキ、キャンベルジュニア、サラキア、ストーミーシー、ヒーズインラブ、リライアブルエース、ロードクエスト

の7頭がスタミナ系ND。

SS系との掛け合わせで考えると、

サラキア、リライアブルエース、ロードクエストの3頭がそうです。

 

また、

近3年ではミスプロ系が好調で6頭。

内3頭はキングカメハメハです。

今年は、

ゴールドサーベラス、ストーミーシー、マイスタイル

の3頭がミスプロ系。

キングカメハメハはおりません。

 

そして、

ネバーベントの血を持つ馬が3勝7連対と

こちらも好調です。

6番人気以下で馬券になった馬が5頭おりますが、

内4頭も、ネバーベントの血を持っていました。

今年で見ると、

アサクサゲンキ、ツーエムマイスター、パクスアメリカーナ、ミエノサクシード

の4頭がネバーベントの血を持っています。

 

これらを踏まえると、

ディープインパクト×スタミナ系NDのサラキア、リライアブルエース。

ND×SSでネバーベントの血を持つパクスアメリカーナ。

このあたりを血統面からは注目してみたいと思います!