共同通信杯のデータ分析、傾向。穴は前残り。

こんにちは!

今日は寒いです。

明日は雪の予報も出てますが、競馬が無事に開催されるのでしょうか。

気になります。

 

◆スワーヴリチャード、ドバイ・シーマクラシックの招待受諾

headlines.yahoo.co.jp

スワーヴリチャードがドバイシーマクラシックの招待を受諾しました。

庄野調教師

「行く方向で考えています。まずは中山記念に集中して、その結果を踏まえてですね。去年の春から見ても活気、やる気が出てきました」。

中山記念の結果を踏まえてとのことでしょうか。

楽しみです。

 

ドバイも勿論ですが、

その翌日には、日本で大阪杯も行われます。

こちらも強力メンバーになりそうで非常に楽しみなレース。

というか、

今の日本は強い馬が多いですね。

有力各馬が、この春どのようなレース選択をしていくのか。

一旦整理してみたいと思います。

 

アーモンドアイ(ドバイターフ)

レイデオロ(ドバイシーマクラシック)

シュヴァルグラン(ドバイシーマクラシック)

スワーヴリチャード(中山記念→ドバイシーマクラシック)

ヴィブロス(中山記念→ドバイターフ)

ディアドラ(中山記念→ドバイターフ)

 

ブラストワンピース(大阪杯→宝塚記念)

ワグネリアン(大阪杯→)

ダノンプレミアム(金鯱賞→大阪杯?安田記念?)

フィエールマン(AJCC→大阪杯?天皇賞春?)

エポカドーロ(中山記念→大阪杯)

ステルヴィオ(中山記念→大阪杯)

ギベオン(金鯱賞→大阪杯)

アルアイン(金鯱賞→大阪杯)

ペルシアンナイト(金鯱賞→大阪杯)

サングレーザー(大阪杯→安田記念)

エアウィンザー(金鯱賞→大阪杯)

キセキ(大阪杯→天皇賞春)

 

ブラストワンピース、ワグネリアン、サングレーザー、キセキ

がぶっつけで大阪杯。

ここをどう判断していくか、難しい選択になりそうです。

そして、

中山記念も豪華メンバー。

他にウインブライトやラッキーライラックも出走を予定していますし、

ここも見逃せない1戦になりそうです。

 

 今週は日曜日に3歳牡馬の重賞、共同通信杯。

土曜日に雪が降ったとしたら、

その影響も加味して考えていかなければならないかもしれません。

 

共同通信杯(過去5年)

2018 良 1:47.4 35.7-34.8 -5
6 オウケンムーン オウケンブルースリ(Grey) エリシオ(ND)
1 サトノソルタス ディープインパクト Petionville(Mr)
4 エイムアンドエンド エイシンフラッシュ(King) SS
2017 良 1:47.5 36.0-34.7 -7
1 スワーヴリチャード ハーツクライ Unbridled's Song(Mr)
8 エトルディーニュ エイシンサンディ オペラハウス(Sad)
4 ムーヴザワールド ディープインパクト Sadler's Wells
2016 稍 1:47.4 35.8-35.6 0
4 ディーマジェスティ ディープインパクト ブライアンズタイム(Rob)
9 イモータル マンハッタンカフェ Acatenango
6 メートルダール ゼンノロブロイ Silver Hawk(Rob)
2015 良 1:47.1 35.2-34.5 -2
1 リアルスティール ディープインパクト Storm Cat
8 ドゥラメンテ キングカメハメハ SS
10 アンビシャス ディープインパクト エルコンドルパサー(King)
2014 良 1:48.1 36.7-33.4 -3
7 イスラボニータ フジキセキ Cozzene(Grey)
2 ベルキャニオン ディープインパクト フレンチデピュティ
5 サトノアラジン ディープインパクト Storm Cat

 

過去5年

6番人気以下で馬券になった馬は4頭。

そのうちの3頭が6番人気の馬で、

人気サイド優勢の傾向にあるレースです。

過去10年で見ても

7番人気以下で馬券になった馬は3頭のみとなっています。

 

過去5年で馬券になった馬15頭中9頭が

4角5番手以内で走った馬です。

二桁番手からの馬券内は0頭。

前目のポジショニングは必要だと思います。

また、

穴で馬券になった馬を見てみると

2018年1着オウケンムーン(4角5番手)
2018年3着エイムアンドエイド(4角2番手)
2016年1着ディーマジェスティ(4角7番手)

それ以前で見ても

2013年3着マイネルストラーノ(4角2番手)
2011年2着ユニバーサルバンク(4角2番手)

など穴は前残り

そんな印象を受けます。

 

上がり3位以内で走った馬が9頭。

連対馬に限ると8/10が上がり3位以内

速い上がりは必要でしょうか。

ただ、

馬券になった馬15頭の内、

過去走で上がり2位以内率100%だった馬は8頭。

約半分くらいです。

残りの半分の中には、

1回も上がり2位以内で走ったことが無かった馬も3頭。

速い上がりが必須という感じではありません。

ですが、

勝ち馬は4頭が上がり2位以内率100%だった馬。

勝つためには、速い上がりを使えることは重要かもしれません。

 

また、

前走馬券内だった馬が13頭

連対に限れば9頭がそう。

前走好走組を基本に考えたい。

該当しない馬は

2018年3着エイムアンドエイド(京成杯10着)
2016年2着イモータル(朝日フューチュリティステークス9着)

 

今年で見ると、

アドマイヤマーズ

前走朝日杯1着。

先行出来て、上がりも速い(過去3/4で上がり2位以内)。

データからは有力視せざるを得ない、

そんな印象です。