シルクロードSのデータ傾向、分析。大穴は軽斤量の馬!

こんにちは!

ジェネラーレウーノが屈腱炎とのニュース。

headlines.yahoo.co.jp

全治は9カ月以上の見込みのようです。

矢野調教師

「残念ですが、復帰を目指してやっていきます」。

24日に福島県のノーザンファーム天栄へ放牧に出されるとのことです。

AJCCの走りも、この影響もあったのでしょうか。

今後のレースに置いて、強い先行馬という意味でも、

とても楽しみな馬だったので、非常に残念。

しっかり治して、是非復活してほしいと思います。

 

そして、

ホープフルSを勝ったサートゥルナーリア、

皐月賞に直行するようです。

headlines.yahoo.co.jp

間隔を10週以上空けて皐月賞に挑んだ馬の成績は

昨年のデータですが

(00314)

走れておりません。

近い所だと、

レイデオロがホープフルSから直行して5着という結果があります。

ぶっつけローテは、

昨年のアーモンドアイが成功していますので、なんとも言えませんが、

データ的には微妙なことは間違いないと思います。

それを覆せるだけの馬なのか、

楽しみにしたいと思います。

 

今週は日曜日にシルクロードS、

過去のデータなども見ていきたいと思います。

 

シルクロードS(過去5年)

良 1:08.3 34.0-34.3 +6
1 ファインニードル 5 57 アドマイヤムーン Mark of Esteem(Mill)
7 セイウンコウセイ 5 58 アドマイヤムーン Capote(Bold)
4 フミノムーン 6 55 アドマイヤムーン サンダーガルチ(Mr)
2017 良 1:07.8 33.9-33.9 -4
7 ダンスディレクター 7 57.5 アルデバランII SS
11 セイウンコウセイ 4 55 アドマイヤムーン Capote(Bold)
9 セカンドテーブル 5 56 トワイニング SS
2016 稍 1:07.9 33.7-34.2 +3
1 ダンスディレクター 6 57 アルデバランII SS
8 ローレルベローチェ 5 56 サクラバクシンオー キングヘイロー
7 ワキノブレイブ 6 55 マイネルラヴ ブライアンズタイム
2015 良 1:07.9 33.9-34.0 -2
3 アンバルブライベン 6 55.5 ルールオブロー スプレンディドモーメント(StormB)
2 サドンストーム 6 56 ストーミングホーム Green Desert(Dan)
15 セイコーライコウ 8 57 クロフネ SS
2014 良 1:07.4 34.1-33.3 -2
2 ストレイトガール 5 55 フジキセキ タイキシャトル(Halo)
1 レディオブオペラ 4 55 シングスピール(Sad) Kingmambo
6 リトルゲルダ 5 53 Closing Argument(InR) Buddha

 

先ず、

過去10年の連対馬20頭中17頭が5番人気以内の馬

人気サイドが優勢です。

ただし、3着馬は8頭が6番人気以下。

そして二桁人気の馬も7頭馬券になっています。

人気馬と大穴の組合わせ

こんな馬券が先ずイメージできます。

 

斤量が53kg以下の馬が苦戦していて、

過去10年で(00323)。

ただし、3着に来た馬は

2014年リトルゲルダ(13番人気)

2013年メイショウデイム(11番人気)

2012年ケンブリッジエル(16番人気)

大穴で来ています。

今年だと、

エスティタート、ライトフェアリー、あたりがここに当てはまりそうで、

少しケアしてみたい。

 

過去5年の馬券内15頭中11頭が4枠より内枠の馬

連対馬で見てみると、10頭中8頭が内枠の馬。

また、勝ち馬の馬番で見ると

1,7,1,3,2。

内枠優勢とみて良いと思います。

 

また、

4角を5番手以内で走った馬が9頭

こちらも連対で見ると、8頭が4角5番手以内。

前有利と考えて良いと思います。

 

馬券内15頭中10頭が前走掲示板内からの参戦です。

過去10年で見ても21頭が前走掲示板以内。

前走好走組のほうが良さそうです。

 

そして、

馬券になった馬の内12頭は京都で勝ちあり

その12頭はすべて京都の1200mで勝ちあり。

京都の実績、コース適性も重要です。

 

今年の出走で見ると

前走掲示板は、

アンヴァル、エスティタート、ダイメイプリンセス、ダノンスマッシュ、ティーハーフ、ナインテイルズ、ビップライブリー、ペイシャフェリシタ、ラブカンプー

の9頭。

京都1200m勝ちありは、

アンヴァル、エスティタート、キングハート、セイウンコウセイ、ダノンスマッシュ、ティーハーフ、ナインテイルズ、フミノムーン、ラインスピリット、ラブカンプー

の10頭。

両方クリアするのは、

アンヴァル、エスティタート、ダノンスマッシュ、ティーハーフ、ナインテイルズ、ラブカンプー

の6頭。

 

先行馬という観点で括ると

アンヴァル、ダノンスマッシュ、ラブカンプー

の3頭がピックアップ出来ます。

 

データからは人気馬に優勢の印象です。