京成杯など、先週の結果。苦しい戦いでした。

こんにちは!

昨日はダノンラスターが最下位負け。。

残念ですm()m

コーナーで上がっていったときには、良いかなぁという印象もあったのですが。

 

京成杯

1着 7 ラストドラフトルメール 2:01.2 35.3
2着 5 ランフォザローゼス マーフィー 2:01.4 35.4
3着 2 ヒンドゥタイムズ 中谷 2:01.4 35.2
4着 9 シークレットラン  内田博 2:01.6 35.3
5着 11 リーガルメイン 戸崎圭 2:01.7 34.8

 

レース結果詳細

https://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201906010511&mode=result

 

レース後コメント

1着 ラストドラフト(戸田博文調教師)
「スタートが良くて、スピードが全体的に速いので、理想より前へ行きました。内容は強かったと思います。速いペースになれば中団でもレースは出来ないこともないと思います。自在性を見せてくれたのは収穫だと思います。トリッキーな中山コースをキャリア2戦目で走ったのは大したものです。帰って来てケロッとしていましたので、まだ余裕があるのだと思います。オーナーサイドとの相談になりますが、今後は王道でいくしかないと思っています」

2着 ランフォザローゼス(O・マーフィー騎手)
「完璧なレースができたと思います。勝った馬は強いですが、この馬ももっと成長するでしょうし、この馬の本領発揮は2400mからだと思います。そこでどんなパフォーマンスをするか楽しみです。重賞はすぐに勝てるでしょう」

3着 ヒンドゥタイムズ(中谷雄太騎手)
「思っていた通りにペースは速くなりませんでしたが、スタートで勢い良く行くタイプではないので、あの位置からになりました。ペースは1コーナーまで流れていましたが、その後に落ち着いて向正面でスペースもあったので位置を上げることができました。悲観する内容ではないと思うのですが、1着でなくて悔しいです。むしろ距離が延びて良いと思います」

 

他レース後コメント

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=149794

 

京成杯

12.8 - 10.9 - 12.5 - 12.0 - 12.9 - 13.0 - 11.8 - 11.8 - 11.4 - 12.1

2:01.2

 

中山の馬場は

前日ニューイヤーSで1:32.4というタイムが出るなど

速い時計は出る馬場でした。

そのなかで考えると時計は平凡だと思います。

1000m通過が61.1。

あがりタイムは35秒前半で各馬大きくは変わらず。

前目に居た馬がそのままゴールしたような部分もあると思います。

 

ダノンラスターは3,4コーナーで捲っていったときは

良い感じかとも思いましたが、その後失速。

残念な競馬でした。

カテドラルやナイママも良い所なし。

1,3着が新馬から2戦目の馬ですし、

昨秋活躍していた馬の評価は少し見直していかなければならないかなぁ、

そう思う結果でした。

 

フェアリーS

レース結果詳細

https://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201906010311&mode=result

1着.フィリアプーラ(丸山元気騎手)

「スタートは出ましたが、リズム良く運ぶことも心がけてあの位置になりました。前半は折り合ってくれて、終いは弾けました。若い牝馬で精神的に安定していないところはありますが、乗りやすくて終いは脚を使ってくれます。また騎乗のチャンスがあれば、この馬の良さを引き出したいと思います。今年は去年以上の勝ち星を挙げたいです。大きいところを勝てるように頑張ります」

 

前半が36.1

スローペースでレースは進みました。

直線外を走った馬が上位に来ていた印象です。

アクアミラビリスは出遅れから掛かる競馬。

ですが、

印象度は高くないかなぁ。

そんな印象です。

アゴベイなどはインを走る競馬。

もう少し伸びても良さそうな気もしますが、馬場の影響もあったでしょうか。

 

日経新春杯

レース結果詳細

https://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201908010411&mode=result

1着.グローリーヴェイズ(M.デムーロ騎手)

「強かったです。新潟以来の騎乗でしたけど、その時も強かったですし、段々強くなって成長しています。(ペースが乱れたが)4コーナーでも手応え抜群でした。去年はこの時期に重賞で負けましたが、今日はリベンジ出来ました」

 

1000通過が58.3

速いペースの競馬です。

その分もあると思いますが道中後方の馬が上位。

グローリーヴェイズはインを立ち回る競馬。

外を回したルックトゥワイス、シュペルミエールは評価できると思います。

メイショウテッコンは出遅れから、捲る競馬。

少し難しい競馬になってしまった印象で、次回以降巻き返しに期待したいと思います。

 

〈先週の結果〉

◆フェアリーS

アクアミラビリス 5着

 

◆日経新春杯

ルックトゥワイス 2着

メイショウテッコン 9着

 

◆京成杯

ダノンラスター 12着

 

◆イチオシ

キタノインパクト 2着

ロライマ 2着

プールヴィル 2着