ホープフルSの回顧。サートゥルナーリアの強さが目立ちました。

こんにちは!

昨日のホープフルS。

年内最後のG1に気合で挑みましたが撃沈。

とても悔しいですし、申し訳なく思います。

ごめんなさい( ;∀;)

サートゥルナーリア、強かったですね。。

来年のクラシック戦線では、あたま2つくらい抜けたかなぁ

そんな印象を受けました。

 

ホープフルS

1着 5 サートゥルナーリア 2:01.6 35.3(上がり最速)

2着 8 アドマイヤジャスタ 2:01.8 35.6

3着 1 ニシノデイジー 2:01.9 35.3(上がり最速)

4着 13 コスモカレンドゥラ 2:02.2 36.1

5着 2 ブレイキングドーン 2:02.2 35.9

 

レース結果詳細

https://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201806050911&mode=result

 

レース後コメント

1着 サートゥルナーリア(M・デムーロ騎手)
「スタートがすごく良かったのですが、初めてのコーナー4回の2000mで心配もありましたし、直線も狭い所に入りましたが良かったです。来年が楽しみです。頑張ります」

上村洋行技術調教師
「入厩当初から大人びていて、期待度が高い馬でした。ここ2戦は将来を見据えての競馬。直線はどこから抜けてくるのかと思いましたが、前が開いてからの反応が良かったです。馬体重プラス12キロは成長分で、初めての長距離輸送も問題なくこなしてくれました。この馬は父がロードカナロアに変わり、コントロールしやすく、いい意味で扱いやすいです。今のところは文句のつけようがありません。あとはこのまま無事にクラシックに向かっていってほしいです」

 

2着 アドマイヤジャスタ(ルメール騎手)

「楽に走っていましたし、超スローペースの中で良いポジションで運べました。直線も良く反応して頑張ってくれましたが、勝った馬は強かったです。まだ良くなりそうです」

 

3着 ニシノデイジー(勝浦正樹騎手)
「分の悪い競馬になってしまいました。遅くなるだろうとは思いましたが...。それでも位置取りは良かったですし、最後は伸びてきています。このメンバーでもやれる手応えはつかめました。今日は勝てなくて残念でしたが、これからもっと良くなるでしょう」

 

他レース後コメント

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=149228

 

ホープフルS

12.8 - 12.0 - 13.0 - 12.5 - 12.2 - 11.8 - 11.8 - 12.2 - 11.5 - 11.8

2:01.6

1000m通過が62.5。

スローペースです。

後半は12秒を切るラップが続いていて、

持続力が必要なレースであったとは思います。

各馬の上がりは大きくは変わらず。

コスモカレンドゥラがある程度残していますし、

前残り、

基本的にはそう考えて良いレースだと思います。

 

ただ、サートゥルナーリアは持ったままでした。

1頭、力が違う

そんな印象を受けたレースです。

 

他の各馬は道中のポジショニングのままという印象。

ニシノデイジーの上がりタイムがサートゥルナーリアと同タイム。

ですが、向こうは持ったままでしたから、

同等の評価をすることは少し難しそうな気がします。

 

ブレイキングドーンは前半下げて、後半外を回すという競馬。

ちぐはぐで残念な競馬ではありましたが、

そうでなくとも難しかったような気はします。

 

サートゥルナーリアの強さが目立ったレース、

そんな印象です。

 

<昨日の結果>

◆ホープフルS

ブレイキングドーン 5着

ヴァンドギャルド 6着

 

 

今年の競馬は昨日でひと段落。

今年もたくさんありがとうございました。

東京大賞典や平和島競艇etc...

イベントはまだまだ盛りだくさんですが、

皆様、どうか良い年末をお過ごしください!

そして、年が明けたらすぐに金杯。

また1年間、頑張ろうと思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします!!