朝日杯FSの傾向、データ分析。前走成績は重要。

こんにちは!

今週の朝日杯、

過去4年の馬券内12頭中7頭が3番人気以内の馬。

堅めの傾向ではありますが、

12番人気、11番人気、14番人気と大穴も絡んでいます。

大穴を仕留めるべく、データを見ていきます。

 

先ず、11頭が前走馬券内の馬。

そして、9頭が前走上がり3位以内

前走0.5秒以上負けていた馬は不振で(01017)

前走新馬戦、未勝利戦の馬も良くない印象で(1005)

前走の成績は重要です。

 

これらをクリアするのは

アドマイヤマーズ、グランアレグリア、ケイデンスコール、ニホンピロヘンソン、ファンタジスト、マイネルサーパス

 

それから、

馬券になった馬の新馬戦の成績を見てみると

10頭が新馬戦2着以内

連対馬8頭という括りで見ると、8頭すべて新馬戦2着以内。

また、10頭が新馬戦上がり2位以内

こちらも連対馬で見ると、8頭すべて上がり2位以内。

 

この篩にかけると、残るのは

グランアレグリア、ケイデンスコール、ニホンピロヘンソン、マイネルサーパス

の4頭。

 

このあたりから考えるのが妥当、

そういう印象です!