中日新聞杯の傾向、データ分析。重賞実績重要。

こんにちは!

スワーヴリチャードが有馬記念回避。

天皇賞秋でのスタートが、何か調子を狂わしてしまったような、

そんな感じがします。

上手くいっていれば、今年の年度代表馬もあったであろう馬だと思うので、

この秋の競馬は惜しいなぁ、そんな印象です。

 

今週は土曜日に中日新聞杯。

過去のデータも見ていきます。

 

過去5年の勝ち馬の内4頭が7,8枠の馬です。

また、

4角を二桁番手から馬馬券内はありません。

逃げ馬も、昨年3着のロードヴァンドール1頭のみ。

先行~中団あたりの馬が良さそうです。

 

馬券内15頭中13頭は重賞実績あり

今年は

エンジニア、スズカディープ、マサハヤドリーム

は重賞実績なし。

 

それから、

中京実績に秀でた馬も良さそうで、

重賞実績なしで馬券になった2頭も

中京での連対実績がある馬でした。

 

外目の枠、先行~中団、重賞実績、中京実績

このあたりを考えると

鳴尾記念1着で中京(1100)のストロングタイタン

をデータからはピックアップしたい!