阪神JFの傾向、データ分析。人気サイドが優勢です。

こんにちは!

阪神JF

ここ2年は、ラッキーライラック、リリーノーブル、ソウルスターリング、リスグラシューと、後のクラシック好走馬を輩出しているレース。

今後を占う面でも注目のレースです!

 

この10年のデータを見ていくと

勝ち馬はすべて5番人気以内の馬

連対でも17/20はそうですから、人気サイド優勢と考えて良さそうです。

 

逃げた馬は不振で(00010)

前走1200mだった馬も不振で(00018)

 

それから、近5年のデータで見て

4角を8番手以降だった馬が10頭。

差し馬優勢の印象です。

が、

穴で馬券になった馬をみると

ウインファビラス(10番人気、4角6番手)

フォーエバーモア(8番人気、4角5番手)

以前で見ても

クロフネサプライズ(15番人気、4角2番手)

アイムユアーズ(8番人気、4角4番手)

など前目の馬が穴を開けています

 

そして、

前走馬券内の馬が14頭(13頭は連対)

また、

新馬戦で連対していた馬が14頭(全てあがり2位以内)

 

今年でみると、

前走馬券内、新馬連対(上がり2位以内)を満たす馬は

クロノジェネシス、ジョディー、ダノンファンタジー、ビーチサンバ、ベルスール、メイショウケイメイ

 

これらの馬を先ずは考えていきたいでしょうか!