マイルチャンピオンシップの傾向、データ分析。モズアスコット有力。

こんにちは!

今週のマイルチャンピオンシップ、

ミッキーグローリーとカツジは全兄弟対決、史上初らしいです。

G1の兄弟対決は、過去

13勝6敗で弟がダブルスコア。

ここも楽しみですね。

 

マイルチャンピオンシップのデータを見ると

過去10年で

連対馬20頭中16頭が4番人気以内

人気サイド優勢です。

 

また、

3歳馬が不調で(10230)。

斤量差が1kgしかないレースですので、そこも原因かもしれません。

ただ、昨年は2頭馬券になってます。

 

そして、

前走馬券内だった馬が22頭。

二桁着順からの巻き返しは無し。

前走の成績は重視。

今年で見ると、

アエロリット、ステルヴィオ、ミッキーグローリー、モズアスコット、レッドアヴァンセ、ロードクエスト、ロジクライ

が前走馬券内。

 

あとは、

馬券になった馬の多くが京都競馬での実績あり。

今年で見ると

京都2勝以上が

エアスピネル、ジュールポレール、ブラックムーン、レッドアヴァンセ、ロジクライ

次点で京都(1300)のモズアスコット。

 

前走馬券内かつ京都実績ありということで見ると

ロジクライとモズアスコットのみ。

人気面も加味すると、

モズアスコットがデータからは有力でしょうか。