エリザベス女王杯の傾向、データ分析。3、4歳馬中心。

こんにちは!

レイデオロはジャパンカップ回避。

残念だなぁ。。

そして、オジュウチョウサンが出走。

なるほど、、、

頑張ってほしいと思います。

 

今週はエリザベス女王杯。

過去のデータをみると

過去10年で6歳以上の馬が不調(01018)。

過去5年の馬券内15頭を見ても14頭が3歳馬か4歳馬。

3歳馬、4歳馬を中心に考えたい

 

それから、

過去5年の勝ち馬の内4頭が、馬番5番以内

京都の長距離レースですから、やはり内枠は重視して良さそうです。

 

そして、

連対馬10頭中9頭が、4角を7番手以内

中団よりは前で直線を迎えたいでしょうか。

 

あとは、

距離2200m以上で連対以上の実績があった馬が9頭。

牝馬の長距離レースは少ないですから、

距離への適性は重要だと思います。

今年のメンバーで見ると、実績ありは

クロコスミア、コルコバード、スマートレイアー、レイホーロマンス、レッドジェノヴァ、ヴァフラーム

 

この中で、3歳馬か4歳馬はレッドジェノヴァのみ。

比較的前目に位置取りできる馬ですし、

データからはこの馬が面白そうです!