富士Sの傾向、データ分析。マイル重賞実績は重要。

こんにちは。

 

今週土曜日の富士S。

過去5年では4頭の人気薄が馬券になっています。

2009年、2010年には

連続して3連単100万オーバーの馬券が出たレースですし、

荒れるときは荒れる、

そんな印象があります。

 

過去データを見ると

過去10年で逃げた馬は(00010)と不調

逃げ切るのは難しいでしょうか。

今年はマルターズアポジーが先手を取るでしょうし、

ウインガニオンもおりますし、

前は速くなりそうな印象。

尚更後ろの馬にアドバンテージが出てきそうです。

 

7歳以上の馬も(00121)と不調

今年はガリバルディが7歳馬。

 

過去5年の馬券内15頭の内10頭が

マイル重賞勝ちorマイルG2以上連対あり

該当しない馬をみても

イスラボニータ(G1マイルCS3着)

サトノアラジン(G2エプソムC2着)

ステファノス(G1皐月賞5着)

シャイニープリンス(富士S3着)

など、準ずる成績は有していますので、

ここは重要視したいでしょうか。

 

今年で見ると

G2以上で連対の実績ある馬は

エアスピネル、クルーガー、ジャンダルム、デンコウアンジュ、ペルシアンナイト

の5頭。

この中なら、

この馬が気になるかなぁ。


人気ブログランキング